唇の乾燥には日々の対策が重要!見落としがちなケアもチェック

唇の乾燥は、主に外気が乾燥する冬の季節の悩みです。しかし、紫外線が強い季節にも注意が必要であり、1年を通してケアをする必要があります。なぜ唇が乾燥するのか、原因を知ることからはじめましょう。

唇が乾燥する原因とは?乾燥を招く行動にも注意

肌よりも唇が乾燥しやすいといわれるのは、皮脂腺がなく皮膚が薄いことが主な原因です。まず、唇の乾燥を感じた際に、リップクリームを使用せずに唾液で一時的な乾燥予防をする行為が挙げられます。

唾液の乾燥とともに唇の水分も蒸発してしまい、唇の乾燥が悪化するのです。さらに、口呼吸が癖になっていると口の中が乾燥することによる影響を受けて、唇が乾燥することがあるため注意しましょう。

紫外線で乾燥する?紫外線への対策も大切

唇が乾燥する原因には、紫外線の影響もあります。肌への対策は行っていても、唇へはケアをしていない人も多いのではないでしょうか。しっかりと対策を行い、ダメージが蓄積しないように注意が必要です。

また、冬は空気が乾燥しやすく、ヒーターなどの影響で室内も乾燥しています。そのため、デリケートな唇は影響を受けるでしょう。唇の皮膚は、ほかの部位と比較しても薄く、紫外線や空気の影響を受けやすいため注意が必要です。

リップクリームを塗って乾燥と紫外線対策をしよう

実践しやすい唇のケアとしては、リップクリームを塗ることが挙げられます。セラミドのなかでも特に保湿力が高いとされるヒトセラミドを配合したものや、植物由来のオイルを配合したものなど、保湿成分に、こだわったリップクリームを使用しましょう。

また、紫外線対策効果も期待できるタイプのリップクリームは、紫外線の刺激による乾燥予防に最適です。唇のケアは、リップパックなどを利用してポイントケアをする方法も有効ですが、日々の手入れをすることが最も重要だといえます。

メイク前の保湿ケアで唇を整える

口紅やグロスを塗る前に、ワセリンなどで保湿ケアをしてからメイクをすることもポイントです。保湿成分が配合されたグロスなどを利用する方法もよいでしょう。

いずれのアイテムを使用する場合も、大切なことは唇の縦ジワへ塗ることです。縦ジワに沿って塗ることで凹凸も少なくなるため、唇の見た目も良い方向へ変化します。

まとめ

唇のケアは、毎日の生活で簡単に実践できるものが多いです。すべての対策方法を実践することは難しいかもしれませんが、1つ1つ習慣化することによって唇の荒れを改善する効果が期待できます。速効性はないため、少しずつ改善していくことを目指しましょう。

Menu -メニュー-