化粧崩れを予防しよう!化粧のポイントと肌作りの方法とは

長時間の外出や、汗をかく時期になると化粧崩れが気になるものです。しかし、日ごろの肌ケアポイントを押さえると、化粧崩れを防ぐことが可能になります。

夏は化粧が崩れやすい?化粧が崩れる主な原因

化粧が崩れる原因は主に2つが挙げられ、1つ目は汗や皮脂の分泌、2つ目が乾燥です。汗で化粧が流れてしまう、皮脂と化粧品の成分が混ざることで成分が溶けます。特に、汗をかきやすい夏場は皮脂の分泌量も多くなるため、より化粧が崩れやすくなるのです。

さらに、乾燥した状態では化粧品が定着しにくく、化粧崩れを起こします。また、乾燥した肌は水分が蒸発しないように皮脂を過剰分泌するため、化粧崩れにつながるでしょう。

化粧前の準備も大切!正しい洗顔方法

肌の汚れや皮脂を洗い流し、肌を清潔な状態にすることが大切です。就寝中に皮脂が分泌されているため、朝はしっかりと皮脂を落としましょう。ぬるま湯や、しっかりと泡立てた洗顔料を使用し、優しく皮脂を洗い流すことがポイントです。

洗顔をしたあとは、化粧水で水分を加えて肌を整え、乳液や美容クリームで保湿ケアを行います。スキンケアをする際は、ハンドプレスで肌へ浸透させましょう。

日中に崩れにくい化粧の方法とは

皮脂や汚れを落として保湿ケアをしたあとは、すぐに化粧品を乗せずに数分時間をおきます。1~2分程度おき、ティッシュオフしてから化粧をすると、油分や水分を優しく取り除けるため化粧のりもよくなるでしょう。

化粧の仕上げにはフェイスパウダー薄付きで載せると、外出中に分泌される皮脂や汗を吸着するため、化粧崩れしにくくなります。ベースの肌を作るだけではなく、化粧品も工夫することが大切です。

産毛処理も化粧崩れ予防につながる

化粧崩れ知らずの肌をつくるためには、産毛の処理も行います。肌が柔らかくなる効果や、肌ワントーン明るくなる効果も期待できるのです。産毛によってスキンケアアイテムの成分が浸透することも妨げられてしまい、乾燥の原因の1つになります。

さらに、汗をかいたさいに産毛に汗が付着したままになり、化粧崩れにつながるため、産毛の処理は重要です。ただし、顔の産毛処理は傷や肌トラブルを起こした際に跡が残るなどのリスクがあるため、プロに行ってもらう方法が有効でしょう。

まとめ

朝はきれいに決まった化粧も、日中には崩れてしまうことも珍しくありません。化粧崩れしにくくするためには、洗顔や洗顔後の化粧方法、ベースの肌へのケアが重要です。基本となるポイントを押さえて、化粧崩れ知らずの肌を目指しましょう。

Menu -メニュー-