肌に悪いケアをしていない?正しいケアで美肌を目指そう

肌ケアに関わる情報は溢れています。正しい肌ケアだとされていたことも実際には悪影響を与えていたなど、評価が一変することもあるのです。そのため、最新の情報をリサーチし、自分の肌ケアを見直してみましょう。

洗顔方法も見直しを!皮脂は適度に落そう

皮脂をしっかり落としてしまうと肌の乾燥を招くという認識から、洗顔を控える人も多いです。しかし、皮脂は落とすことが乾燥ケアにつながります。皮脂とは、肌本来の弱酸性の状態に維持し、雑菌が繁殖することを予防する作用があるのです。

皮脂は時間の経過と共に酸化して脂質に変化するため、落とさなければ毛穴つまりや雑菌の繁殖など肌トラブルにつながります。乾燥から肌を保護するのは、皮脂ではなく角質層にあるセラミドです。朝と夜、しっかりと洗顔て、皮脂を落とすことが正しい肌ケアだといえるでしょう。

化粧水はほどほどに!肌の状態をチェックしよう

肌の調子が悪くても、必ず化粧水をつける人は多いでしょう。しかし、化粧水を多量につけることによって、反対に肌へダメージを与えてしまうことになります。

化粧水に含まれる成分のうち、9割りは水であり、どれほど多くつけたとしても蒸発してしまうのです。肌の上で蒸発する際に、角質がめくれてしまうため乾燥を招き、調子の悪い肌へ負担をかけることになります。

保湿ケアはセラミドで!適切な美容液を選ぼう

化粧水で水分を付着させても、角質層のバリア機能があるため、肌の奥へ水分と成分が浸透しません。肌の保湿には、化粧水で外から付着させるのではなく、角質層にあるセラミドを減少させないことが大切です。

セラミドを含んだ化粧品はたくさん販売されていますが、セラミドは水溶性ではないため、9割が水分の化粧水に配合することが困難な成分となります。そのため、セラミドなど肌の保湿成分を補えるのは、化粧水ではなく美容液なのです。

肌にふたをしない!美容液は薄く付けよう

洗顔後は、化粧水で水分を加え美容クリームの油分を利用して肌にフタをするという行為も正しいケアとはいえません。バリア機能を保護するために、乳液や美容クリームなどの油分でフタをする必要はないのです。

むしろ、肌にふたをしてしまえば、古くなった角質が剥がれずに蓄積し、ターンオーバーが促されなくなります。ふたをする目的で重ね塗りをしないようにしましょう。

まとめ

肌の保湿成分は、外から補給するよりも、皮膚の内側から蒸発する水分を外に逃がさないようにすることが重要です。セラミドを保護し、古い角質を除去することで、肌表面の状態を良好にすることを意識しましょう。

Menu -メニュー-